子どもを産んでも働きたい

仕事も子育ても諦めたくない女性は多い

子育てへ専念したくなる気持ち

昔は、子供が生まれることになると、仕事を辞めてしまうというのが女性にとって通常のことでした。しかし、仕事をしたいと考える人が増えてきたことや、社会的にも仕事を継続して欲しいという要求が高まっていることから、育児休業を経て復職しようと計画する人が多くなってきています。育児休業として認められるのは一般には一年間であり、その後に仕事場に戻るのが一般的です。状況によっては半年の延長が認められる場合もありますが、いずれにしても保育園に子供を預けるなどしてうまく都合をつけて職場に復帰することになるでしょう。この時期の子供は可愛い盛りであり、それゆえに断腸の思いで子供を預けて仕事に戻ることになってしまう場合もあります。復職すると決意していたからこそ、やむにやまれず職場に戻るという決断をすることになってしまいがちなのです。

子供が生まれてみると子育てに専念したいと思うのは女性なら当然とも言えることであり、そう思った際には仕事を辞めるというのも悪いことではないと認識しておくことが大切でしょう。そこで仕事を辞めることになってしまっても、ある程度の期間を子育てに費やしてから再就職を図るということも可能です。職場によっては再就職を受け入れてくれる場合もあることから、思い切って育児のために仕事を辞めるという決断をすることも悪いことではありません。人生は一度きりしかありません。決断するのは難しいことですが、子供のことを考えるなら愛情を注いであげられる一度きりのチャンスに応えてあげるとよいでしょう。