子どもを産んでも働きたい

仕事も子育ても諦めたくない女性は多い

復職の計画と育児期間の影響

女性の中には、育児の後に復職したいと考えて予め計画的に仕事選びをする賢い人もいます。病院や介護施設、保育園や幼稚園などのように女手が喜ばれる業界で働けるように予め資格を手に入れておくと、一度仕事を辞めてしまっても中途採用の求人募集が多数あるため仕事に戻りやすいという特徴があります。そういった業界で働くことに興味が少しでもあれば、実際に働いてみると仕事が楽しく感じられることも多く、ますます将来的に復職したいと考えるようになるでしょう。そういった計画性を持った仕事選びは、特に仕事探しに苦労してしまいがちな女性にはとても重要な視点です。

一方で、そういった形で賢い将来設計をした人が職場を離れた後、結局はもとの仕事に戻らずにあまり関係のない仕事に就いたり、専業主婦を続けることにしてしまったりという場合もよくあることです。その主な理由となるのは、計画的に資格をとって仕事に一度携わってみたものの、子供が育ってきてからもう一度現場に戻りたいかというと、それほどの魅力を感じなかったからというものです。それよりはむしろ子育てをしっかりとして、家庭をバックアップする方が性に合っていると感じたり、お金が必要であればもっと気軽にできるパートの仕事で十分だと考えるようになったりします。子育てには時間がかかることから、自分の家庭や仕事との付き合い方についてもよく考えなおす時間があり、それによって気変わりしてしまうこともよくあるのです。